タバコによる歯の黄ばみをきれいにする歯磨き粉を紹介します

やめられないタバコ…でもヤニによる歯の黄ばみが気になる!

体に悪いとわかっているものの、やめられないのがタバコです。

 

タバコを持つ女性

 

やめられないにもかかわらず、歯の黄ばみは気になりますよね。
タバコを吸っている人の中には、歯全体が黄ばんでいる人、黄ばみを通り越して茶色や黒っぽくなっている人もいて、とっても見た目が悪いです。前歯にヤニの塊みたいなのがくっついてる人も見たことがあります。

 

そんな口元は清潔感ゼロ
汚いと思われているだけでなく、臭いんだろうなぁとも思われているそうなのです。イメージアップするためにも、歯のホワイトニングは必須です!

 

でも、歯医者に通うのは面倒だし、高額なお金がかかってしまいますよね。
そこでおすすめなのが《着色汚れを落とす歯磨き粉》です。

 

タバコのヤニで歯が黄ばんでしまう仕組みについても紹介するので、タバコによる歯の黄ばみが気になる方は、是非ご覧下さい。

 

→タバコによる歯の黄ばみをキレイにする歯磨き粉のランキングはこちら

ベトベト!タバコのヤニは歯にこびりつきやすく頑固な着色汚れに発展

タバコのヤニってしつこくこびりついて、黄ばみもなかなか落ちないですよね。
これはなぜなのでしょう?

 

タバコのヤニが黄ばみになる仕組みを紹介します。

 

歯の断面図

 

歯は、歯髄→象牙質→エナメル質の3層構造になっています。歯の表面のエナメル質は、さらにペリクルという膜に覆われています。

 

ペリクルとは・・・
 唾液に含まれるタンパク質が主成分で、歯を刺激から守ってくれる効果があります。
 一方、細菌やステインなどの着色汚れを付着しやすくしてしまう機能もあります。

 

ペリクルもタバコのヤニもベトベトしているので、粘着力があり、絡みついてしまうのです。タバコのヤニとは、いわゆるタールで、数百種類の発がん性物質などが含まれています。

 

歯が汚くなる過程

ペリクルとタールが絡みつくと、普通の歯磨きでは取れなくなってしまいます。ペリクルはその後、さらに歯を多い、タールの汚れが付いたままコーティングしていきます。そしてまたタバコを吸うと、コーティングの上からタールが付着します。この繰り返しによりタールとペリクルが何層にも重なることで、強力な着色汚れになるのです。

 

タバコを吸っている人の中には、歯の表面はつるつるして光っているのに、歯の色は真っ黄色の人がいますよね。それは汚れをペリクルがコーティングしているからなのです。

 

タバコに含まれるタールやニコチンとは…?

タバコに含まれる2大成分といえば、タールとニコチンですよね。それらは、どのような成分なのでしょう。タールとニコチンの詳細は次の通りです。また、歯の黄ばみとの関係を紹介します。

 

タールとは…
タールは木材や石炭など、有機物質の熱分解により発生する粘り気のある黒褐色の油のような液体です。喫煙を行うことにより、タバコの葉に含まれている有機物質が熱分解され、約4000もの化学物質の結合体となります。一般的にはヤニと言われていて、歯の黄ばみや、喫煙している部屋の壁が黄ばんでいくのは、このタールが原因です。多くの発がん性物質が含まれています。

 

ニコチンとは…
ニコチンは、脳に入り込むと快楽が得られる仕組みがあります。また、ニコチンは中毒性があるので、タバコを吸う人がなかなか禁煙できないのは、ニコチンが原因となります。ニコチンには発がん性物質が含まれていないとされていますが、神経への影響は大きく、中枢神経が興奮したり、心拍の上昇、動脈硬化のリスクが高まったりします。歯の黄ばみの原因はニコチンではありません。

 

このように、タバコにはさまざまな有害物質が含まれていますが、歯の黄ばみに関しては、タールが原因です。禁煙するのが1番ですが、タールを摂取しなければ、予防することができます。

 

アイコスを吸えば歯が黄ばまない

アイコススティック
上記に紹介したとおり、タバコによる歯の黄ばみはタールによるものです。そのため、歯の黄ばみ予防には禁煙するのが1番ですが、アイコスを吸うことで黄ばみを予防することができます。アイコスには、タバコの快楽成分や中毒性のあるニコチンは含まれていますが、タールは含まれていません。においも少なくなるので、タバコをアイコスに変えるのもいい方法です。

 

健康への害も多少は少なくなります。歯の黄ばみが気になっているなら、タバコをアイコスに変えるタイミングでホワイトニングを開始するのもおすすめです。最近は、愛煙家がタバコをやめて、アイコスを愛用しているということをよく聞きます。

タバコによる歯の黄ばみを落とすには、ステイン除去成分を配合している歯磨き粉を!

このように、タバコによる歯の黄ばみは、強力なステイン(着色汚れ)で簡単には落ちなくなってしまいます。
そこで、歯磨き粉を選ぶ際には、ステインを除去する以下の成分が配合されているものがよいでしょう。

 

ポリリン酸ナトリウム

食品添加物としても利用されている成分。歯の着色汚れを落とし、歯の表面をコーティングする効果があるので、ステインが付着しにくくなります

 

ピロリン酸ナトリウム

歯と着色汚れを化学の力で離す効果があります。これにより、ステインを歯の表面から浮き上がらせることができます。

 

メタリン酸ナトリウム

エナメル質とステインの間に入り込み、ステインとエナメル質の結合を離してくれます。ピロリン酸ナトリウムと同じく、ステインを歯の表面から浮き上がらせます

 

ビタミンC

お肌の美白にも使われている成分だが、きれいな歯にも効果があります。歯の表面に付着した汚れを落とし、歯茎を健康な状態に保つので、歯周病や歯肉炎の予防になります。

 

ポリアスパラギン酸

エナメル質からステインを剥がしとる効果があります。また、口臭や虫歯予防効果もある成分です。

 

喫煙者の皆さんは、長年タバコを愛用してきたと思います。蓄積されたタバコのヤニもとても多いはずです。数回の歯磨きでは効果がわからないと思うので、じっくり数ヶ月間継続してホワイトニング歯磨きを使ってみるのがおすすめです。また、このホワイトニング歯磨きを使っている期間は、タバコは吸わないのがいいでしょう。

ステインを浮かび上がらせて除去する成分が入ったおすすめ歯磨き粉ランキング


タバコのヤニによる歯の黄ばみが気になるなら、ステインを落とす成分の配合された歯磨き粉はおすすめです。

 

はははのは
はははのは 「はははのは」には、ステインを浮き上がらせる働きのある成分であるポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウムの2種類が配合されています。ステインが浮かび上がったあとは、パパインというタンパク質分解する酵素が汚れを剥がしとります。歯にこびりついた汚れはタンパク質であるので、パパインが分解し、歯を白くしていきます。汚れを除去したあとは、歯の表面をコーティングし、さらなるステインを付きにくくしてくれるのです。

 

「はははのは」の嬉しいポイントは、ホワイトニング効果だけでなく、口臭も予防してくれるところです。タバコを吸っていると、歯の黄ばみだけでなくヤニ臭さが気になってしまいますよね。「はははのは」なら、ハッカ油に含まれるメントールが口の中のネバネバを洗浄し、口臭を防いでくれます。その他、10種類の天然由来の成分がお口に潤いを与えます。

 

そして1番のおすすめポイントがお値段です。元々ホワイトニング歯磨きにしては安い「はははのは」ですが、定期便だとさらに安く購入できます。また、10日以内なら全額返金保証もあるので、もし合わない場合は、定期便を1回で解約することもできます。1日あたりたった66円でできる安さが特徴です。

 

はははのはの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格3,500円(税込)が
1回目
 →約43%オフの1,980円(税込)
2回目
 →約15%オフの2,980円(税込)

ホワイトニング成分
・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
タンパク質分解
・パパイン
洗浄成分
・ソープナッツ

タバコ,歯の黄ばみ,歯磨き粉,歯,黄ばみ,ヤニ

ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングはエナメル質からステインを剥がしとるポリアスパラギン酸が配合されています。歯に付着した汚れを溶かす、リンゴ酸も配合されています。

 

ホワイトニング効果だけでなく、ビタミンCやGTOと言われるウーロン茶やポップエキスから抽出される独自の成分のおかげで、歯茎も健康にし、虫歯の発生を防ぐ効果があります。

 

お値段は定期便だと定価5,980円(税別)よりも初回は33%オフの3,980円(税別)で購入できます。2回目以降も16%オフの4,980円(税別)なのでずっとお得で、送料も無料です!

 

ワンタフトブラシという、普通の歯ブラシよりも小さくて細かいところが磨けるブラシが初回に1本おまけでついてきます。注意すべきところは、定期便は最低3回の購入が条件であるところです。3回注文すると、3,980円+(4,980円×2)の13,940円(税別)かかります。

 

歯がちゅらに(美しく)なるちゅらトゥースホワイトニングの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格5,980円(税別)
1回目
 →33%オフの3,980円(税別)
&送料無料
2回目以降
 →16%オフの4,980円(税別)

ポリアスパラギン酸
リンゴ酸
ビタミンC
GTO

タバコ,歯の黄ばみ,歯磨き粉,歯,黄ばみ,ヤニ

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、植物の力や自然由来の成分で歯を白くする歯磨きです。歯に付いた汚れをタンパク質分解効果のあるパパインが除去し、茶カテキン・ウーロン茶エキスが虫歯予防をします。歯を白くするだけでなく、虫歯予防、口臭予防、口の中を浄化する効果があります。

 

美容液みたいなおしゃれなパッケージは雑誌でも紹介されるほど。多くの海外セレブにも人気があります。世界5ヵ国で売り上げ1位、歯科関係者100人が選ぶホワイトニングでも5冠を達成するほど、人気のホワイトニングです。

 

通常価格9,980円(税抜)ですが、定期便なら初回限定で6,000円オフの3,980円で、送料無料!90日間の返金保証もあるので、安心して購入することができます。定期便は、2回目以降も安く、50%オフの4,980円ですが、最低3回の購入が条件なので、注意しましょう

 

プレミアムブラントゥースの詳細をチェック!

定期便の価格 成分 評価

通常価格9,980円
1回目
 →6,000円オフの3,980円(税抜)
 送料無料
2回目以降
 →50%オフの4,980円(税抜)

ココナッツオイル
茶カテキン
ウーロン茶エキス
パパイン

タバコ,歯の黄ばみ,歯磨き粉,歯,黄ばみ,ヤニ

ホワイトニング歯磨き粉ならクリニックのホワイトニングより安くて簡単!

このように、ホワイトニング歯磨きは、定期便で安く購入できるし、自宅でホワイトニングできるので簡単です。
タバコのヤニという頑固な汚れは、歯医者さんや審美歯科でしか治療できないと思いがちですが、ホワイトニング歯磨きでもできるのです。

 

ちなみに筆者は、審美歯科でのホワイトニング経験者ですので、審美歯科とホワイトニング歯磨きでどのくらいの料金がかかるか比較してみました。

 

料金の比較

 

審美歯科でホワイトニングした場合…

約5万円

 

・オフィスホワイトニング2回 30,000円
・ホームホワイトニング(マウスピース作成15,000円とホワイトニングジェル1本2,000円)

 

ホームホワイトニング用のジェルは1本では足りないので、数本購入したので、さらにお金がかかりました。
オフィスホワイトニングはある程度時間をあけて行わないといけないので、通院は3回で、2ヶ月ほどかかりました。

 

ホワイトニング歯磨きを3ヶ月使用した場合…

約1万5,000円

 

・1ヶ月1本の使用なので、3本使うことになります
・「はははのは」なら初回1,980円、2回目から2,980円を2回で約7,000円
・ちゅらトゥースホワイトニングやプレミアムブラントゥースなら初回3,980円、
 2回目から4,980円を2回で約1万5,000円

 

審美歯科も、歯磨き粉も3ヶ月通院・使用してみましたが、価格は数万円も違います。
しかもホワイトニング歯磨きなら家でできるので、交通費も移動時間もかかりません!

 

いつもの歯磨きと同じように使えばいいので簡単です。
ホワイトニング歯磨きでキレイな歯になっちゃいましょう♪

 

歯がキレイになるといいことばっかりです!

 ・歯を出して笑顔になれる
 ・人と会うとき印象がよくなる
 ・清潔なイメージになれる …etc

 

女性の口元

第一印象で歯のキレイさはとっても重要です!

 

タバコで黄ばんでいると、「汚い」というイメージだけでなく、「臭そう」と思われてしまうんです。
キレイな歯になって、イメージアップしちゃいましょう♪

 

No.1おすすめのホワイトニング歯磨き「はははのは」について知りたい>>>

タバコによる歯の黄ばみを落とすのに歯磨き粉がオススメな理由

歯の黄ばみは様々な原因で起こりますよね。
タバコのヤニの他にも、コーヒー、紅茶、赤ワイン、お茶などの飲み物や、カレーなどの食べ物も黄ばみになります。

 

では、これらの着色汚れを落とすのに、なぜ歯磨き粉がオススメなのでしょう?
歯磨き粉以外のホワイトニング方法も混じえながらそれぞれ説明します。

 

様々なホワイトニングの方法

 

オフィスホワイトニング

ホワイトニング専門の歯科で行います。専用の薬剤を歯に塗り、光を照射することで、透明なエナメル質を白く曇らせます。エナメル質の下にある象牙質はもともと黄色っぽいので、エナメル質を曇らせることで、象牙質が透けて見えなくなり、歯が白くなります。一番即効性のある方法で、数回で効果が現れます。しかし、色戻りが起こります。保険適用外なので価格も高いです。

 

ホームホワイトニング

歯医者さんで自分の口に合ったマウスピースを作ってもらい、自宅で専用の漂白剤の入ったジェルをマウスピースに塗布し、装着することでホワイトニングしていきます。個人差はありますが、2週間〜1ヶ月ほどで効果が現れます。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行ってホワイトニングしていく方法です。ホームホワイトニングのみだと、歯の色が透明っぽくなってしまうので、オフィスホワイトニングで歯を曇らせ、真っ白にしていきます。芸能人のような綺麗な白さになれますが、施術内容によりますが、費用はもっとも高いです。

 

歯医者さんのクリーニング

特殊なブラシやチップを使って、歯の表面の汚れを落としていきます。普段の歯磨きでは落としにくい歯垢や歯石も取り除きます。定期的にクリーニングすることで、虫歯や歯周病を防ぐことができます。PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とも言います。治療としての歯石取りは保険適用されますが、フッ素コーティングをするものは保険適用外になることもあります。日々の歯磨きでは取りきれない歯石や歯垢、着色汚れを確実にとってくれます。定期的に行うことで、虫歯や歯周病を予防することができます。

 

歯のマニキュア

歯に白い塗料を塗ります。歯の表面を白くコーティングするので、即効性はありますが、効果は短く、1日ほどです。費用は3,000円ほどと低価格なので、手軽に行うことができます。一時的に歯を白くするだけなので、もともとの歯の色が白くなっているわけではありません。

 

歯の消しゴム

歯の表面に付着している汚れを、消しゴム型の研磨剤で磨く方法です。費用は3,000円ほどと低価格で、手軽に行うことができますが、刺激がとても強く、適切な使い方をしないとかえって歯を傷つけてしまいます。歯の表面にミクロの傷ができると、その隙間に汚れが溜まって、逆に歯が汚くなってしまいます。せっかく歯をきれいにしたいのに、これでは意味がありませんよね。

 

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってブラッシングし、歯を白くしていく方法です。漂白するのではなく、汚れを落として歯本来の白さに戻します。ホワイトニング歯科に比べて安価な方法です。特に、タバコやコーヒーなどの着色汚れの場合は、汚れを落とせばきれいになるので、歯磨き粉でも十分です。頑固な着色汚れは、通常の歯磨き粉では落とせないので、ホワイトニング専用の歯磨き粉が効果的です。

 

 

ホワイトニングの方法は、歯医者さんや審美歯科というホワイトニング専門の歯科医でできます。
しかし、歯医者さんのホワイトニングは高価ですし、タバコによる黄ばみは原因が「着色汚れ」とはっきりしているので、いきなり歯を漂白する必要はなく、まずは歯磨き粉で汚れを落とすのが安いしオススメです。

 

では、どんな歯磨き粉を選べばいいのでしょう??

タバコの黄ばみを落とす歯磨き粉の選び方

では次に、タバコの黄ばみを落とすのに効果がある歯磨き粉の選び方を紹介します。どのタイプの歯磨き粉にするか迷っている方は、参考にしてみてください。

 

研磨剤が入っていないものを選ぼう

歯磨きイラスト
研磨剤とは、歯磨き粉に入っているザラザラした細かい粒子で、歯の表面の汚れを落としていきます。汚れを落とす効果は絶大ですが、歯の表面にあるエナメル質に、目に見えないほどの細かな傷をたくさんつけてしまう可能性があります。歯の表面に傷が付き、凸凹してしまうと、その隙間に部分的に汚れがたまりやすくなり、かえって歯が汚くなってしまいます。また、知覚過敏の原因にもなります。

 

スーパーやドラッグストアで一般に販売されている、市販の歯磨き粉は、研磨剤が入っているものがほとんどです。研磨剤は、清掃剤、発泡剤と表記されていることもあるので、成分表は注意して見てみましょう。重曹歯磨きという方法もあるそうですが、傷が付くのでやってはいけません。研磨剤なしのものなら、歯を傷つける心配がありません。研磨剤が入っていない歯磨き粉を選びましょう。

 

着色汚れを浮かせる成分が入っているものを選ぼう

歯の黄ばみ
研磨剤が入っていないと、どうやって汚れを落とすの?と思いますが、歯磨き粉に着色汚れを浮かす成分が入っていれば、汚れを落とすことは可能です。歯のエナメル質と着色汚れの間に入り込み、汚れを浮かせて除去します。歯にやさしくホワイトニング効果が期待できますし、安全です。漂白剤など、無理に歯を白くする成分ではなく、優しく歯を白い色に戻していく成分がおすすめです。

 

低発泡のものを選ぼう

泡立ってる歯ブラシに×
歯磨き粉には、発泡剤が入っていて、歯磨きをしているとたくさんの泡が立ってきます。しかし、泡立ちがいいものは、泡によって歯を磨けている気になりがちです。なるべく低発泡で、じっくる磨けるものを選びましょう。液体タイプ、ジェルタイプなどのものがいいでしょう。

 

ホワイトニング以外の有効成分にも注意してみよう

虫歯菌がいる歯
タバコの黄ばみを落とすためのホワイトニング歯磨き粉と言っても、様々な種類があります。ホワイトニング以外に、どんなことをケアしたいか考え、自分にあったものを選びましょう。フッ素が配合しているものは、傷がついて柔らかくなりかけていた歯を、再石灰化と言って、傷を滑らかにし、元の硬い歯に修復してくれる効果があります。

 

歯の表面をコーティングして、色素沈着を防ぐもの、お口にうるおいを与えて唾液の分泌を促し、乾燥を防ぐものなどがあります。ハイドロキシアパタイトという物質には研磨剤として使用されるものもありますが、薬用ハイドロキシアパタイトは歯垢の吸着、エナメル質の補修、歯の再石灰化を促す作用があります。その他、口臭や虫歯、歯周病、歯肉炎対策の商品もあります。

 

口の中を爽やかにする成分が入っているものを選ぼう

ホワイトニング歯磨きには、ハッカ油、キシリトール、メントール、ミントなど、お口の中をスーっと爽やかにしてくれる成分が含まれるものがあります。タバコを吸うと、黄ばみだけでなく、口臭もキツくなってしまいます。ホワイトニング成分にプラスして、口内をスーっと爽やかにしてくれる成分が入っていれば、口臭対策にもなります。

歯磨き粉を変えて白く輝く歯を手に入れましょう♪

歯磨きは誰でも習慣として行っていますよね。

 

ですから、歯磨き粉によるホワイトニングは、毎日使う歯磨き粉をホワイトニング効果のあるものに変えるだけなので、無理なく続けられるのがメリットです。効果の即効性はありませんが、使い続けていくと2週間〜1ヶ月ほどで白さを実感していきます。根気よく続けることが大切です。黄ばみの原因がタバコによる着色とわかっている方には最適な方法なのです。

 

喫煙者のあなたも、是非、今から歯磨き粉を変えて、気軽にホワイトニングを始めましょう。そして白い歯を手に入れましょう♪

 

タバコで黄ばんだ歯よりも、白い歯のほうが絶対に印象がよくなります。コンプレックスを解消して、思いっきり歯を出して笑えますよ。

 

当サイトおすすめNo,1 タバコによる歯の黄ばみに効く「はははのは」の公式サイトはこちら>>>

 

笑っている女の子